競馬マニアックス

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京成杯2017予想

京成杯2017予想はクラシック皐月賞と同じ舞台になるため今からクラシックへの戦いは始まっていると考えていいでしょう。

しかし、過去の優勝馬を見ていくとトライアルに弥生賞があるためか皐月賞にそのまま反映されることは少ないのが実情です。あまり変に構えて素質馬を評価するよりも実績馬から無難に狙いのが馬券の買い方としては正解なのかもしれません。

最近G1レースを賑わせているといえば関東所属の堀厩舎ではないでしょうか。日本と香港でマイルと中距離王の名声を欲しいままにしたモーリスを育てあげた手腕は誰もが評価するところです。もし、最初に所属していた厩舎のままだったらどうなっていたのでしょうか。もしかしたら1つのG1レースも勝つことができなかった可能性もあります。そう考えると調教師の重要性は侮れないもの。最近は外厩の話ばかりを聞きますが、やはりレース直前に行われる追い切りの影響はかなり大きいのではないかと考えられます。

どちらを重視するかというより1つの流れとして考える、それが調教の正しい見方ではないでしょうか。その堀厩舎が送り出すのがサーベラージュになります。父はドバイワールドカップを制しワールドワイドな活躍を見せたヴィクトワールピサの産駒で、父ゆずりの迫力ある走りが魅力的な馬です。netkeibaでは1番人気に支持されていましたが、当日の京成杯でも高い人気に支持されそうで今からその走りに注目しています。

2歳牡馬戦線は低調なイメージがあるため、そろそろ主役級の馬が登場してもらわないと寂しいクラシックになってしまいそう。その点から人気を集める可能性は十分だと思います。初戦となった新馬戦では楽勝したように相当な素質を秘めていそうでディープインパクト産駒以外からの大物登場となるのでしょうか。昨年のクラシックはディープインパクトの優等生がクラシックを占拠して楽しめたのですが、もっと違う戦いを見たいのも事実。これから大物スクリーンヒーロー産駒とかあらわれると面白くなってくるのですが。やっぱり競馬はサラブレッドたちのドラマを見て楽しむのがいい!そのためにPOGから好きな馬を選んで応援すると競馬やってて良かったなあとしみじみ思うのです。馬券を当てることだけが競馬じゃない!競馬予想だけでない楽しみ方を味わってこそ真の競馬ファンではないでしょうか。

京成杯2017予想は芝2000mの経験馬が多いことから波乱は起きないのではないかと見ています。あまり奇をてらうよりも新たなヒーロー出現に一票を投じて楽しみたいと思います。もう馬券がはずれても楽しめればOK!クラシックを味わいつくしてトコトン楽しみたいと思います。

ところで先週のkeibasite.com公開予想を見ましたか?フェアリーSで2万馬券が的中したんですよ。しかも、たったの2点で。僕も直前にみて買ってみたらスゴイ配当ですからねえ。しくったのは3連単を買ってなかったこと。あ~悔しいなあ。もうちょっと頭が働いていたら3着総流しでもよかったのに~!まあでも自分の実力じゃ縁がなかったし、これを機に投資競馬を意識したいと思いました。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。