競馬マニアックス

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンザン記念2017予想 - ペルシアンナイトで堅い

シンザン記念2017予想は、1番人気になりそうなハービンジャー産駒ペルシアンナイトで決まり!?

2走前のアイビーSで1番人気に支持されながらも、その後に阪神ジュベナイルフィリーズを制したソウルスターリングに完敗。この時期は牝馬の方が完成度が高いと言われているだけに仕方のない敗戦と言えます。前走のこうやまき賞でマイルの流れにも対応できていたので極端なスピードレースにならなければ十分対応することができそうですね。

あまりハービンジャー産駒からクラシック王道に行くタイプは少ないですから、シンザン記念2017を勝って堂々と名乗りを上げたいところ。古馬になってからと言われつつもボルテージが上がり切れないハービンジャー産駒はこのままだとイマイチ種牡馬の烙印を押されることになりそう。もともとダンチヒからデインヒル系までの血統は日本適性が薄めなので仕方ないですが、血統のクッションと割り切っている社台・ノーザンは大して痛くないのかも知れません。

ペルシアンナイトの母は、ゴールドアリュールの全妹という良血で芝適性は低いイメージですが上手く血統の良さがでればスピードとスタミナのバランスはいいのかも知れません。あまりハービンジャー産駒にダートのイメージはないのでどちらにも振り切れてない感じが微妙な気もしますが今の時期ならアドバンテージがありそうですよね。シンザン記念2017も池江厩舎が主役と層が厚さを見せてつけそうな気もします。

その池江厩舎からディープインパクト産駒の大物が送り込まれてきました。その名前もアルアイン。そういえば前にアルアランという競走馬がいたので古参の競馬ファンだと混乱しそうですね。あまり見ることのない500kgを超すディープインパクト産駒はパドックで見ても圧倒的な存在を放っていました。一戦毎に競馬が上手くなってるのと時計勝負は歓迎の血統というは魅力です。こちらに外国人を乗せてきたら厩舎の期待度はこちらの方が上かも知れません。

シンザン記念2017は、素質のある2勝馬が人気になりそうで大波乱とまではいかないかな。本命決着を想定して馬券を絞って買うのが正解になりそう。このレースも逃げ先行が有利になりやすいことから唯一の重賞馬であるトラストのレースぶりにも注意したいですね。それなりの人気になりそうですがヒモには入れておくべきかな。

穴馬がでるとすれば1勝馬からだと思いますが特定するのは難しそう。このレースでも穴馬が得意なkeibasite.comを上手く活用していきたい。とりあげた馬がすべて掲示板に絡むこともあるぐらい高い精度を誇るので、その中から妙味のある馬券を見つくろっていけたらいいな。

この周でガツンと勝てたら競馬投資もラクになるので当てるだけでなく利益も追求していきたい。




関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。