フィリーズレビュー2017競馬理論

2017年02月25日10:46  競馬予想

フィリーズレビュー2017をkeibasite.comの実践競馬理論でヒモといていきます。

競馬予想の回収率を作っているのは買い目総数のうち2割というのをご存じでしょうか。つまり8割の買い目は買ったり負けたりを繰り返しているだけなのです。つまり、ほとんどの買い目は外れて当たり前ということになります。

そこからさらにプラス収支を生み出す買い目を重視すると的中率は数%台になるかもしれません。でも、これでしっかり利益がでるのです。私も懐疑的でしたが5年以上プラスを続けています。年間に必要な資金管理をしっかりやっていれば的中率は問題になりません。

一番負ける馬券は何だと思いますか?それは、ひたすら的中を目指した利益を考えていない馬券です。どう利益を作るか意識していない買い目ではプラス収支になる可能性はありません。

だから利益の要である2割に買い目に集中する必要があります。あなたが何の買い目を買った時に利益が生まれているのか法則性を見つけるのです。それはあなたの強みであり誰にも侵害されない領域となる。

その強みをもってでしかプラス収支にすることができない。これがkeibasite.comの競馬理論です。競馬予想がうまいだけではプラス収支にはなりません。

なぜなら、競馬予想の代替はコンピューターでも置き換えが可能だからです。そういう時代になったからこそ競馬予想だけで勝てることはないと考えなければならない。

あなたの馬券で8割も負けていても問題ありません。競馬は負けるようにできているからです。その負けから脱却するために全身全霊のパワーを使い強みに集中する。

あなたは、9年プラス収支を証明してみせた競馬理論を信じますか?それともアフィリエイターがリライトしたような手軽に勝てるようなことを書いた記事を真に受けますか?

毎週のように勝てる馬券を買っているつもりでも、その馬券の買い方は必敗の法則に従っているためプラスにはなりません。競馬で勝ちたければ勝つための法則に従い馬券を買うことでしか達成できません。

関連記事
前の記事 次の記事