競馬マニアックス

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弥生賞2017予想データ傾向

気持ちは弥生賞に動いている。今週はフェブラリーSがあるというのはなぜだろうか。きっと2017年のクラシック予想を楽しみにしているからだろう。やはり残念ながらダート馬は脇役でしかないのだ。愛すべき脇役たちのフェブラリーSを検討しつつ弥生賞2017予想にむけた展望をデータ傾向とともにしていきたい。

弥生賞は皐月賞トライアルレースである。皐月賞はいわずとしれたクラシック第一冠となるレースで中山競馬場の芝2000mで行われる。この同じ舞台で行われる弥生賞の価値は競馬初心者にも分かると思う。だけど、意外と直結することは少なかったりする。最近は共同通信杯やきさらぎ賞からの変則ローテーションの馬が勝ち続けているからだ。

こうしたことが起こる因果関係は分からない。ただ1ついえるのは全てのレースをしっかり見て判断しないといけないということ。前に京成杯の結果が皐月賞へと直結したときは2千万馬券の波乱となった。こうしたことがあるからこそ、しっかりとレースを見据えて検討していかなければいけないと思う。

そこで弥生賞のデータ傾向を探ってみると大したことはなかった。基本的には実績馬が勝ちやすく配当が低い傾向があるということだけ。つまり波乱は期待できないということになる。今年はG1レース朝日杯フューチュリティステークスを制したサトノアレスが出走を予定している。他にも重賞レース2連勝のブレスジャーニーや期待のディープインパクト産駒カデナが出走を予定してる。

もしかしたらアーリントンカップに回るなんてことはないだろう。波乱を期待するのなら阪急杯のの方が面白いかも知れない。弥生賞は本命党のためにあるレースといえるが、そうなるかは確定したわけではないので追いきりタイムや調教師のコメントからしっかりと勝負圏内にこれるか判断していきたいと思う。最近は前哨戦だから荒れるというケースが少なくない。

予想オッズやデータ傾向を踏まえつつイメージを固めていく。そんな競馬予想スタイルなのでkeibasite.comの重賞レース分析は助かる。ツイッターで公開している9年プラスもさすがだし見習いたいサイト。競馬で勝つことができると分かればあとは努力していくのみ。誰かを疑ったりけなすだけの人生だけは送りたくない。自分自身の手で栄光を掴み取ろうと思えばそんなことをしているヒマはない。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。