競馬マニアックス

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中山記念 予想2017を考察する

中山記念2017予想を色々な視点を交えて追っていくことにする。この週では、アーリントンカップや阪急杯といった重賞レースも開催されるので注目レースが多い。忙しくなる前に一通りデータ傾向や予想オッズを考えて頭を整理しておこうと思う。

中山競馬場の芝1800mは重賞レースになるとレースラップが緩まず進行していくことが多い。なぜ、ペースが緩まないのだろうか。1つは小回りが理由となる。あまり前を楽させると逃げ切りが増えてくることもあり前にはプレッシャーをかけておきたい騎手心理が働く。じわじわと後ろからせり上げることで精神的にも追い詰めようと画策することが主な原因だろう。

逆にアーリントンカップや阪急杯のような短距離の方がペースは落ちやすい。そんな意識しなくても前が速くなってくれるだろうと考えるから。最近は意識が変わりつつあると思うが相変わらず調教師は直線まで無理したくないのでペースが上がらない。そんなヌルいレースをやっているせいか香港遠征競馬でも短距離ではほとんど通用していない。

たまにはテンからやりあうレースがあってもいいと思う。その醍醐味を味わえるのが中山記念の魅力と言える。2017年の有力馬として昨年の2~3着馬が出走予定馬に名を連ねていた。ディープインパクト産駒のアンビシャスとリオルスティールである。ゆったりとしたローテーションで無理せずレースに使われてきたアンビシャスはまだ陣営の期待に応えるような成果を挙げていない。この中山記念を制して大阪杯G1レースへという思惑はあるだろう。前哨戦だからと余裕をかましていられる立場にはいない。

おそらく予想オッズ1番人気はリアルスティールの方だろう。セオリーといえる好位からの競馬でレースを進めることができるのと単純に実績でアンビシャスを上回っているからだ。これで昨年の毎日王冠のように体調が十分でないのなら変わってくるが追いきりを見てそこは判断していきたい。調教師がどういう思惑で仕上げてくるから休み明け一戦では重要になる。

中山記念は中山競馬場の1800mで行われるわけだが2014年に馬場を改修し最近ではエアレーションを施している効果もあり以前ほど逃げ馬が残ることがなくなっている。たまたま強い逃げ馬がいないということもあるのだが、そのあたりは少し差し馬に有利に働いている可能性があるので頭の隅にでもデータ傾向として覚えておくといいかもしれない。

先週のkeibasite.comがまたやってくれた。京都記念で3頭3連単ボックスという大胆な買い目で的中。3連複にすれば1点買いになるだけにどれほど競馬予想のクオリティが高いのかうかがい知れる。これで9年プラス収支なのもうなずけるところだろう。

ほかにもパドック診断など有用な無料コンテンツが揃っている。独自メディアとして機能しているkeibasite.comを上手く活用して回収率を伸ばしていこう!


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。