競馬マニアックス

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェブラリーステークス2017検討

フェブラリーS2017がそろそそろ始まりますね。東京競馬場のダート1600mで行われるダートG1レースになります。

昨年のチャンピオンズカップから間もないということでチャンピオンズカップから直行して挑んでくる馬たちも大勢いるため仕上がり状態はきちんとチェックしなきゃダメですよー!最近の競馬初心者は面倒くさがりだから追い切りとかパドックを意味ないとか言っちゃうんですよ。

もうね、そういうのは認知バイアスって言うんだよ。だって0.1秒に4頭も入線する競馬では何かの影響でカンタンに着順が入れ替わってしまうんだ。悲しいけど現実なのよねコレ。そういうことだからきちんとデータ傾向を見ていかないとダメなんだ、うん。そんなの面倒クセーという人はkeibasite.comの重賞レース記事を見ればいいと思うよ。わかりやすいポイントが書かれているからスゴク便利なんだよ。

私が注目しているのは何といってもモーニン。2016年の覇者が予想オッズでも支持されないなんて信じられない。年間ダート活躍馬にも選ばれないなんて不遇もいいとこだよ。まあ外国産馬なのでそこまで思い入れはないんだけどさ。父がヘニーヒュッジスって言うのかな。ヘネシーという種牡馬は日本でも活躍していてフェブラリーSを勝ったサンライズバッカスという馬がいたから血統的に連覇してもおかしくないと思うのよね。

最近の競馬はすごく適性馬が活躍するようになっているんだ。とにかく相性の良い馬というのは軽視してはいけないと考えている。もちろん過去データ傾向から予想オッズでは人気する可能性は残されているけどフェブラリー2017予想では重視しておきたいよね。

馬主の馬場幸夫さんは、とにかくダートで活躍する馬を多く所有していたりする。昔と比べてダート路線は整備されているから外国産馬を買いつけて狙って走らせてると思うんだ。それでプラス収支になるっていう頭のいい馬主さん。そういう計算のできる人だから狙ってみたいというのもわるんだ。こんなにしっかり賞金を稼いでいたら注目するしかなくない?

調教師は名牝ジェンティルドンナを育てた石坂正さん。石坂厩舎は、芝でもダートでもポツポツ活躍馬をだしてくるのはオーナーとの信頼関係がしっかりできてる証拠だと思う。こういう営業が上手な厩舎だからG1レースで活躍するのは当たり前なんだと思う。こういう面もしっかりと評価していい!

今年の騎手は誰になるんだろう。できればM.デムーロに騎乗してもらいたい。2016年のフェブラリーSはミルコで勝ったからね。この馬の良い面を知っているだろうし大舞台では強いしでいうことなし。戸崎騎手もリーディングだし悪くない。でも、近走さえないからグレードダウンする可能性もあるよね。

フェブラリーS2017予想につながるような話はできなかったけど私は今から情報を集めて3連単を当ててやるんだ。みんなも一緒に頑張ってくれるとうれしいな。さあ、気合いれていこー!
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。