競馬マニアックス

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きさらぎ賞2017予想データ傾向

2017年に行われるきさらぎ賞のデータ傾向を探ってみますとあまり大荒れするということはないようで配当的には低い様子。今年のメンバーもそれほど多くないので3連単なら5万円以下の馬券になるじゃないでしょうかね。それにサトノアーサーやムーヴザワールドといったディープインパクト産駒が揃っていますし。きさらぎ賞の近年の決着を見てもディープインパクト産駒がよくからむデータ傾向が見えるから、このあたりは予想オッズでも支持されるでしょうね。それだけに面白味のないレースになる可能性はありますが馬券的にはディープインパクトを買っとけばいいんだろ的でカンタンかも。keibasite.comの口コミデータ分析を見ると競馬予想に必要なのはスタミナらしい。芝2000m以上で実績を残している馬に注目してみようっと。ここまで分かればきさらぎ賞2017予想の的中は目前って感じじゃないですかね。あとは追い切りの調教タイムやコメントをチェックしていけば万全でしょう。キャリアの浅い馬たちが集まるのでそこが分からないぶん、どんなレースになるのか楽しみだったり。昨年に勝ったサトノダイヤモンドくらいのポテンシャルを見せる馬が出現するのか注目してみたいですね。

京都競馬場は芝が荒れているように見えたんだけど意外と時計はでてました。これなら瞬発力が生きる流れになりそうなのでサトノアーサーには向いた馬場と言えるのではないでしょうか。京都競馬場の外回りは直線が長いけど直線にのぼり坂がないせいか差しあいは少ない気がします。たまに逃げも残るようなので買っておくと面白いかも。逃げと言えば最近はテレビ馬という言葉が死語になってますね。ナリタブライアンの菊花賞みたいに大逃げする馬がいるとレース的には面白いと思うけれど今はやりたがらないのはなぜでしょうか。社台の力が大きくなりすぎて大逃げを許さないのかも?あまり体力を使うようなレースをするよりも大切に使って競走寿命を延ばす方向にシフトしているのかもしれませんね。


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。