競馬マニアックス

ARTICLE PAGE

シルクロードステークス2017予想

シルクロードステークス2017予想で必要な知識を探してみようかと思います。京都競馬場の芝1200mで行われるハンデキャップ重賞レースなので高配当も期待できそう。

実際に過去のレースを見てみると1番人気が強いということはないですね。どちらかといえば2~4番人気の方が馬券的には狙う価値が高いという結果がでていました。こういうことが起きてしまうのがハンデ重賞レースの面白さでしょう。人気にとらわれずに競走馬のt実力を判断するのが一番いいのでしょうが高松宮記念をにらむ馬もいるため仕上がり状態が分からなかったりするので人気で決め打ちして高配当を狙うなんて方法でも結果がでるのが競馬の魅力ですね。こうした戦略的競馬が面白さを一段と引き立てることもあります。マジ競馬だからこそどう勝つのか必至になることも醍醐味でしょう。

競馬カワタさんがナンデと言うことがあるように専門家でもレースのことを理解しているわけではありません。むしろ、競馬ファンのjほうが冷静な視点で見ていることが多いのが面白いところでもあります。調教師や騎手は返って近すぎて競馬が見えてこないこともあるためファンの方が詳しいといった逆転現象もままあるのです。

スプリント路線も最近はスピードで押し通すタイプが少なくなってきたように感じています。どちらかといえば差し脚を生かす決め手型が台頭してきたのが不思議な感じがしますね。直線に向けて余力を残す競馬が増えていることで競馬予想も難しくなってきたのではないでしょうか。いまでは単純に血統で見ても好走馬を判断することができませんからね。

こういう難しいレースはラップ分析などで好走馬を見つけることも考えたいところ。keibasite.comの重賞レース分析は、どの馬が好走するのかイメージをつかみやすくなるので見ておくといいかもしれません。

フェアリーSで万馬券を獲らせてもらったので2月の公開予想にも注目しています。
関連記事