競馬マニアックス

ARCHIVE PAGE: 2017年02月

No image
READ MORE

スポンサーサイト

No image
READ MORE

高松宮記念2017は主役なし

2017年の高松宮記念のレース展望が見えてきません。昨年の優勝馬であるビッグアーサーは怪我により回避、シルクロードSを制したダンスディレクターも骨折で出走不可能になるとか有力馬の故障が続出するアクシデント。高松宮記念2017予想が難解になるだけでなくレースとしての楽しみも半減してしまいますね。私は投資競馬をしていますが基本的にロマン派なんですよね。だから、あまり面白いと思えないレースの馬券は買わないように...
No image
READ MORE

フィリーズレビュー2017競馬理論

フィリーズレビュー2017をkeibasite.comの実践競馬理論でヒモといていきます。競馬予想の回収率を作っているのは買い目総数のうち2割というのをご存じでしょうか。つまり8割の買い目は買ったり負けたりを繰り返しているだけなのです。つまり、ほとんどの買い目は外れて当たり前ということになります。そこからさらにプラス収支を生み出す買い目を重視すると的中率は数%台になるかもしれません。でも、これでしっかり利益がでる...
No image
READ MORE

弥生賞2017予想データ傾向

気持ちは弥生賞に動いている。今週はフェブラリーSがあるというのはなぜだろうか。きっと2017年のクラシック予想を楽しみにしているからだろう。やはり残念ながらダート馬は脇役でしかないのだ。愛すべき脇役たちのフェブラリーSを検討しつつ弥生賞2017予想にむけた展望をデータ傾向とともにしていきたい。弥生賞は皐月賞トライアルレースである。皐月賞はいわずとしれたクラシック第一冠となるレースで中山競馬場の芝2000mで行...
No image
READ MORE

中山記念 予想2017を考察する

中山記念2017予想を色々な視点を交えて追っていくことにする。この週では、アーリントンカップや阪急杯といった重賞レースも開催されるので注目レースが多い。忙しくなる前に一通りデータ傾向や予想オッズを考えて頭を整理しておこうと思う。中山競馬場の芝1800mは重賞レースになるとレースラップが緩まず進行していくことが多い。なぜ、ペースが緩まないのだろうか。1つは小回りが理由となる。あまり前を楽させると逃げ切りが増...
No image
READ MORE

フェブラリーステークス2017検討

フェブラリーS2017がそろそそろ始まりますね。東京競馬場のダート1600mで行われるダートG1レースになります。昨年のチャンピオンズカップから間もないということでチャンピオンズカップから直行して挑んでくる馬たちも大勢いるため仕上がり状態はきちんとチェックしなきゃダメですよー!最近の競馬初心者は面倒くさがりだから追い切りとかパドックを意味ないとか言っちゃうんですよ。もうね、そういうのは認知バイアスって言うん...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。