競馬マニアックス

ARTICLE PAGE

阪神大賞典2017馬券の買い方

2017年の阪神大賞典は着差がつきやすい重賞レースとして知られている。ゴールドシップが3連覇を果たしたように強い馬は問答無用に好勝負する阪神競馬場の芝3000m戦は勝負馬券に向いている。

最近は変に堅めの配当だったり予想外に荒れるなど不安定な重賞レースが多くなっている。実績馬がきちんと勝っているのならいいのだが、そうならない理由は基礎能力において大きな差がつかないというkeibasite.com競馬理論が個人的にはしっくりきている。

日本人は製品の質を上げることには抜群の手腕を発揮するものの欧米のようなデザイン面などスタイリッシュな提案には弱い。昔から創造性に弱いという指摘がある通りゼロからスタートするような能力には乏しいのだろう。

そういった面がサラブレッドの生産にもでていて、品質にバラつきはなくなったけど飛び切り強い馬が出てくることが少なくなるということが今後は始まっていくらしい。以前のようにサラブレッドを輸入に頼るのは社台グループをのぞくと馬主に無理なことからG1タイトルを分け合うような競馬が主流になっていくのではないだろうか。

その中にあっても阪神大賞典はきちんとした着差で決着を提示してくれる。あなたは着差にこだわった競馬予想をしているだろうか?競馬で勝つ人は当たるかどうかだけでなく着差があるかを重視する。それはレースが終わって初めてわかることだが、あらかじめ検討をつけて馬券を買うのがプロのやり口である。

ただ、単に当たると思ったレースがハズれるのは、そこまでとびぬけた実力がなかった馬を選んでいるからだ。何馬身もつけるような馬は少なくなっただけに、こうした買い方は主流ではなくなったものの安定した馬券収益を作る方法としてkeibasite.com競馬理論で学んできた。

競馬で勝ちたかったら、こうした馬券戦略をしっかり持っていないと信念をもって馬券を買い続けることができない。このことを忘れて勝ち続けることは不可能だから脳裏にきざみこんでおこう。

関連記事