競馬マニアックス

ARTICLE PAGE

高松宮記念2017は主役なし

2017年の高松宮記念のレース展望が見えてきません。昨年の優勝馬であるビッグアーサーは怪我により回避、シルクロードSを制したダンスディレクターも骨折で出走不可能になるとか有力馬の故障が続出するアクシデント。高松宮記念2017予想が難解になるだけでなくレースとしての楽しみも半減してしまいますね。

私は投資競馬をしていますが基本的にロマン派なんですよね。だから、あまり面白いと思えないレースの馬券は買わないようにしています。どの馬が強いのかを見極めることが好きなので、どれがマシなのかというレースでは楽しめない。でも、競走馬が走っている姿は好きなので興味が薄くても豆券で応援馬券を買ってます。

私は競馬をギャンブル面でしか見ることができない人はもったいないと思うんですよ。JRAの売り上げ規模が世界トップなのは馬券以外の楽しみを地道に提供してきたからだと思うんですね。純粋なギャンブルだけなら手軽なパチンコにはかなわないでしょう。最近は少しずつ売り上げも伸びてきて地方競馬も順調な様子。

走るサラブレッドにおんぶするだけでなく地方競馬ならではの独自色が欲しいですね。大井競馬ならトゥインクルというイメージができているように馬券を買う理由を提供してあげればいいと思うのです。

私も機会があれば中京競馬場にいって高松宮記念を見てみたいですね。名古屋の名物みそかつを堪能しつつ友人たちとオンラインでつながることもできる時代ですから。ニコ生の生主になってみようかな、でも需要なさそう。競馬コンテンツって完全におっさん向けだからなあ。
関連記事