中京記念2014

2014.07.24.Thu.15:53
中京競馬場で行われる芝1600mのハンデキャップレース。夏競馬のマイル重賞な毎年難解な傾向にある。調子の良さだけでなく実績も踏まえて考えなければ的中には見えてこない。予想で重要なファクターを考えるより手広くバランスよく競走馬の能力を加味した方がいいだろう。タフな坂があるコースのためか能力あれば追い込みでも決まることも珍しくなく枠順は考慮する必要はなさそうだ。軸馬を見つけにくいレースだけに馬券の買い方を考えて購入する必要がある。

参考:http://www.keibasite.com/chukyokinen/

スピードの絶対値では決まらない

2014.07.15.Tue.07:06
2歳馬が続々とデビューする時期だけに楽しみも増してくる。7月だとクラシックレースに直結してくる馬は出てこないが、ここに照準を絞った馬が出てくるだけにレベルが低いわけではない。函館2歳ステークス予想2014では、ここの狙いを定めてきたのか、それとも仕上がったから使っただけなのかを判断する必要がある。必ずしも完成度が高いわけではないことを念頭にいれておきたい。この時期は短距離が多いだけにスピード能力が求められてくる。純粋に勝ち時計を見ておくだけで馬券が獲れるわけではないが比較材料としては有効である。洋芝と絡めてタフなスピード馬を狙っていきたいところ。

タフさが問われる一戦

2014.07.15.Tue.07:00
北海道は涼しいのだけれど芝の育成は難しいらしい。夏に開催されるのは芝の育成が容易だからだろう。品種を考慮していわゆる洋芝という種類の芝が育成される。野芝と比べて根付きがよく枯れにくいが、そのぶんパワーのいる馬場になりやすいそう。そういった点を考えて函館記念予想2014に注目してみるといいだろう。最近は北海道でも暑さが増しているということもあり体調には一層気を付けたほうがいい。特にサラブレッドは暑さに弱いため、北海道にきながら体調を崩すということは珍しくないようだ。ハンデ戦で難しいのは斤量だけではないということを考慮しておく必要がある。

プロキオンステークス2014

2014.07.08.Tue.12:54
改修された中京競馬場は実力馬が能力を発揮しやすいバランスの良いコース形態となった。
新設はじめこそ荒れたがダート1400mは層が厚いだけに実績馬が集まると大波乱は考えにくい。
今年で言えばベストウォーリアは人気になるだろうが堅実な走りから馬券の軸には欠かせない。
調教師や騎手のコメントを聞いても自信があるのがうかがえ軽視するのは危険だろう。
しっかりとした軸馬から穴馬まで手広く流してもいいが、トリガミにならないよう気を付けたい。
出走馬診断を活用すればプロキオンステークス予想の役に立つだろう。

七夕賞2014

2014.07.08.Tue.12:49
福島競馬場の名物レースである七夕賞は芝2000mで行われる。
ハンデキャップレースであるため、波乱の決着となり万馬券が飛び出すことも珍しくない。
基本的にはコース巧者を素直に絡めて買うのがセオリーとなっている。
今年で言えばマイネルラクリマが該当するが人気馬だとしても評価を下げてはいけない。
やはり夏場なので調子のデキ不出来が左右することは避けられない。
パドックを上手に活用することが競馬予想を当てる上での近道となる。
出走馬診断を上手く活用して稼ぐ競馬を目指していこう。

http://www.keibasite.com/tanabatasho/
 | HOME | Next »