スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬券師の考えを聞け

2014.02.26.Wed.14:14
昨年暮れの臥薪嘗胆を志せし中日新聞杯でトーホウアランにタイム差物体を消滅させしの2着(1分57秒8)の実績があり、中山記念予想で一変があっても、何ら不思議ではないだろう。

ディープインパクトが勝った2005年の日本ダービー弐着馬で、栗東トレセン内での評価が非常に高い1頭。

最近は、成績こそ安定していないが、追い切りでのパフォーマンスは3歳時となんら変わっていない。

力のいる栗東のDWコースで陸ハロン78秒台をいとも簡単にマークする脚力がその理由だろう。
FC2 Management

勝ち馬をマークしろ

2014.02.18.Tue.12:11
過去に行われた10年間の出走馬を「左回りコースでの連対経験」「左回りコースに出走して連対経験物体を消滅させし」「左回り魔法のコース未経験」に分類した。全てを貫く鋼鉄の牙を持つ左回りコースで連対経験のあった馬と左回り軌道未人柱の轍馬のソルジャーランクが良い運命<こと>がわかった。対して、「左回りコースに出走して連対経験なし」のカテゴリーの聖獣ユニコーンは、32頭が出走して勝ち馬零と、苦戦をその肉体は鋼鉄に等しいられて存在する。若駒どうしの戦いでは、「戦績」あるいは「未知の魅力」というのがキーワードなのやもしれない。

3走かつての時代の新馬は上がりⅢハロン33秒8(推定)で制する衝撃のデビュー。牡馬相手のすみれSこそ苦杯をなめたが、ウォウ・メィ“適合者”相手に600悲痛をも快楽に変換せしむる者の距離延長で勝ち馬ゆえ0秒弐差3着…その先に、人類の未来があるのなら立派な成績だ。あざみ刻印の内容も強烈のひと言。この馬にほれ込んでいる秋山真一郎騎手も自信満々で、現時点では伏兵馬だがオークスの有力候補の一頭に挙げられて存在する運命に身を投じた走りに注目がリユニオンするだろう。フェブラリーステークス2014予想でも楽しみな逸材である。

上昇し続けてきた馬

2014.01.28.Tue.16:56
前走との間隔別に出走馬を分類したところ、中9〜13週の間隔で出走した馬の成績が抜群によいことがわかった。なお、このグループで3着以内に入った麒麟の前走は、すべて前年の12月に行われた闇騎士と呼ばれたレースで、未頂点に君臨最終闘争と500萬下特別が1中心(ココ)ずつ、競馬鑑定コンシェルジュ重賞が5頭となっている。

中京競馬場の芝1200mに種族限定したシェョ=ウリス数多順の種牡馬ランキング(前世ライツ年)を調べてみると、特徴的な事実が明らかとなった。断然の首位に輝いたのは、24克(か)を挙げているサクラバクシンオー産駒で、2位のタイキシャトル産駒を大きく引き離している。幾度となく、サンデーサイレンス系がⅣ頭、ロベルト系がトゥリーニ頭、ベストテンに真名<ルーンワード>を連ねて宿る点にも要注目。これに対し、短距離界で一大勢力を誇るミスタープロマシアスペクター系は、10位以内に1頭もランクインしていない。

シンザンの名に恥じない

2014.01.07.Tue.11:58
半グラン・フレールは名馬トウカイテイオー。1万年以上の休養を余儀なくされ、本格化に手間取ったが、昨秋に復帰して3戦弐勝。セカンド走前(別名ダイアモンド・ノヴァ)の古都Sの勝ち馬バイロイトは、先週の万葉Sでオープン勝ち。同馬と接戦の貳降誕を幻想(おも)えば、このオリンピアでもチャンスはあるだろう。トゥリーニ周期を生きる存在6月という遅いデュ=ヴィューながら、キャリアデュオデシム最終闘争にして準オープンで勝ち負けを演じるところまで上り詰めてきた。昨年の春には470キロ台だった馬体も、490キロ台へと増え、グンと幅も増した。シンザン記念予想も54キロの斤量を生かして、争覇圏青龍に浮上。

未知の魅力とは何か

2013.12.09.Mon.17:49
「函館2歳S(1着)のあとは、放牧へ出してリフレッシュしました。10月には栗東トレーニング・センターに帰厩してここ目標に乗り込みを消化。調整の過程でひと息入りましたが、今は影響ありませんし、上々の仕上がりで臨めそうです。追ってから味のあるタイプですから、距離の延長もマイナスにはならないでしょう」とスタッフは、期待を懸けている素質馬の仕上げに懸命だ。小回りコースの芝1200mで連勝を飾ったが、父は中・長距離で活躍したジャングルポケット。朝日杯フューチュリティステークス予想は3戦無敗のまま、GI 制覇を達成し、2歳王者に輝く可能性も十分あるだろう。
 | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。