シルクロードステークス2017予想

競馬予想2
01 /17 2017
シルクロードステークス2017予想で必要な知識を探してみようかと思います。京都競馬場の芝1200mで行われるハンデキャップ重賞レースなので高配当も期待できそう。

実際に過去のレースを見てみると1番人気が強いということはないですね。どちらかといえば2~4番人気の方が馬券的には狙う価値が高いという結果がでていました。こういうことが起きてしまうのがハンデ重賞レースの面白さでしょう。人気にとらわれずに競走馬のt実力を判断するのが一番いいのでしょうが高松宮記念をにらむ馬もいるため仕上がり状態が分からなかったりするので人気で決め打ちして高配当を狙うなんて方法でも結果がでるのが競馬の魅力ですね。こうした戦略的競馬が面白さを一段と引き立てることもあります。マジ競馬だからこそどう勝つのか必至になることも醍醐味でしょう。

競馬カワタさんがナンデと言うことがあるように専門家でもレースのことを理解しているわけではありません。むしろ、競馬ファンのjほうが冷静な視点で見ていることが多いのが面白いところでもあります。調教師や騎手は返って近すぎて競馬が見えてこないこともあるためファンの方が詳しいといった逆転現象もままあるのです。

スプリント路線も最近はスピードで押し通すタイプが少なくなってきたように感じています。どちらかといえば差し脚を生かす決め手型が台頭してきたのが不思議な感じがしますね。直線に向けて余力を残す競馬が増えていることで競馬予想も難しくなってきたのではないでしょうか。いまでは単純に血統で見ても好走馬を判断することができませんからね。

こういう難しいレースはラップ分析などで好走馬を見つけることも考えたいところ。keibasite.comの重賞レース分析は、どの馬が好走するのかイメージをつかみやすくなるので見ておくといいかもしれません。

フェアリーSで万馬券を獲らせてもらったので2月の公開予想にも注目しています。

東海ステークス2017予想で思うこと

競馬予想
01 /16 2017
中京競馬場は雪が降りまくりでしたね。とうとう日曜は開催中止といううれきめに。競馬ファンのみならず馬主さんや調教師や騎手の方たちも肩を落としたことは想像できます。中京競馬場の日曜は月曜にへの代替競馬となったため平日でもJRAで馬券を買いたいんだという人にはラッキーだったのかもしれませんね。こういう順延の日は馬券が荒れるという話もありますから3連単で100万馬券を狙ってみるのも悪くないかも知れませんね。東海ステークス2017予想には影響ないといいんだけど、この寒波はいつまで続くのかね。

これだけ寒い日が続いたということですっかり風邪をひいてしまいました。最初はノドからきて鼻水へ移行してきましたが症状は軽く熱は大丈夫です。サラブレッドでも感冒でレース出走を取り消すことがあるので体調面が心配になりますね。これが理由で配当が荒れてしまうと狙って馬券を獲るのは難しいですからね。こういった特殊な状況だからこそ何も考えず全馬券を買うとかの戦略性が必要になるのでしょう。その目論見が吉とでるか、それとも裏目にでるか。挑戦なくして100万馬券をありえませんから、ここぞと思った時は意を決して飛び込むことも必要でしょう。

私は一度だけ100万馬券を獲ったことがあります。keibasite.comの軸馬に単勝万馬券の穴馬が公開されたときに、ここが勝負かもしれないと思い、その2頭から3連単を買い込みました。それでも数万円レベルでの馬券購入ですからハズレたとしても大して痛くはないので楽しみの方が大きかったですね。なにせ9年プラス収支を証明した唯一の競馬予想サイトですから。こういったきちんと情報をもとにした時の強みは勝負する時にあるんですよね。

人生をバラ色に変えたいのなら挑戦していくしかありません。誰かが自分の人生をバラ色に変えてくれるということはないのですから。競馬は控除率25%を取られているから勝てないという人がいますが、人生そのものに言えるのではないでしょうか。世界で見ても1%の富裕層が資産の5割以上を独占しているんですよ。よほど恵まれて生まれてこない限り多くの人は負けやすいゲームを強いられる。

そこから抜け出すために勉強や起業をするわけで競馬がノーチャンスだと思う人は人生もノーチャンスになります。そういった努力をせずに人生はこういうものと好きな部分だけを見て過ごす人が多くなった日本は経済が急速に縮小してきました。誰もリスクを取らない支援もないから金持ち以外はどんどんチキンゲームのように貧乏になっていく。それに耐え抜いたところで何かあると思いますか?いまを変えるにはポジティブに動いていく。自分に能力がなければ能力ある人を利用する。

それができなければ人生が上向くことは絶対にありません。人生は減算であり勝手にプラスになることはない。だからこそ、余計な先入観をとりのぞき何をすれば勝てるのかに注目しなければならないと思います。

私の競馬必勝法はkeibasite.comを活用すること。ツイッターで9年プラス収支を証明したもっとも勝ちに近い競馬予想サイトを自分でうまく取り込んでいく。こうすることでまた100万馬券を獲れるチャンスに巡り合うと信じています。


愛知杯2017予想

競馬予想
01 /12 2017
愛知杯2017予想を検討しているのですが今の時点で気になるのはマキシマムドパリですね。

昨年は2番人気で4着と期待を裏切る競馬だったけれども、この馬の相手なりに走る特性は今年のメンツでは重視しなければならないと思いました。とにかく体調変動の大きい牝馬らしく実績馬でも凡走が目立っているように信頼できる馬が非常に少ない。とりあえず追い切り調教や騎手コメントを待っていますが軸馬にせざるを得ないなと思います。今年はそんなに寒くない感じですが、サラブレッドは寒さに弱く特に牝馬は受胎という仕事があるため皮下脂肪をためやすい時期になります。生理現象としてデキが不安定になりやすいため、まずは好調できあることが好走のカギを握ると考えているところです。

自己条件からの参戦が多い牝馬限定レースなので旬の馬を重視していきたいですね。その中でもマキマムドパリは秋華賞3着と実績も十分ですから人気でも重視したい。荒れるのを狙うならヒモ荒れということになるのですが、これはレース直前まで悩みそうですね。もう実績とデキがどうなのか判断が難しいですから単勝万馬券も警戒しておくべきレースではないかと思います。こういうレースを狙って獲れるようになったらカッコイイですよねえ。そんな馬券師にあこがれてしまうのですが私にには荷が重いかな。

でも、それを地でいく競馬予想サイトがあるんですよねえ。先週のフェアリーS2万馬券を当てたkeibasite.comは、ツイッターまわりでも購入した人が結構いた模様。私も獲らせてもらったんですが穴馬がドンピシャでハマったときの快感は競馬でしか味わえないものだと思います。9年も公開してプラス収支なのに騒がれないのは教えたくない競馬予想サイト1位だからでしょうか。ウマニティや個人ブログの競馬予想大会でも実績を残してきたようで長期で活躍しているのはスゴイことですね。

このサイトが推進している近未来の投資競馬にいま興味をひかれています。自分の強みを加味するだけで独自のオッズゾーンが形成され自分のオッズを保護しつつプラス回収率を狙うことができる。単勝万馬券でも狙って獲れる実力から100万馬券も現実的な視野に入れることができると思います。一部の人は詳細な分析情報が受け取れるみたいですが、そのために選ばれる条件があるそう。無料登録しないと分からないそうですが、登録しなくても公開予想は見られるので好きにすればいいでしょう。

これからの競馬予想は勝てる人とそうでない人に分かれていくのでしょうか。ここまで普及してしまうとJRA-VANだけで勝つのも容易ではなくなってるわけでプラスアルファが求められてくる時代なんだと思います。現に1億円も馬券で勝つ人がいるのだから、その何かに気づいた人から勝ちぬけていくのでしょうね。

京成杯2017予想

競馬予想
01 /11 2017
京成杯2017予想はクラシック皐月賞と同じ舞台になるため今からクラシックへの戦いは始まっていると考えていいでしょう。

しかし、過去の優勝馬を見ていくとトライアルに弥生賞があるためか皐月賞にそのまま反映されることは少ないのが実情です。あまり変に構えて素質馬を評価するよりも実績馬から無難に狙いのが馬券の買い方としては正解なのかもしれません。

最近G1レースを賑わせているといえば関東所属の堀厩舎ではないでしょうか。日本と香港でマイルと中距離王の名声を欲しいままにしたモーリスを育てあげた手腕は誰もが評価するところです。もし、最初に所属していた厩舎のままだったらどうなっていたのでしょうか。もしかしたら1つのG1レースも勝つことができなかった可能性もあります。そう考えると調教師の重要性は侮れないもの。最近は外厩の話ばかりを聞きますが、やはりレース直前に行われる追い切りの影響はかなり大きいのではないかと考えられます。

どちらを重視するかというより1つの流れとして考える、それが調教の正しい見方ではないでしょうか。その堀厩舎が送り出すのがサーベラージュになります。父はドバイワールドカップを制しワールドワイドな活躍を見せたヴィクトワールピサの産駒で、父ゆずりの迫力ある走りが魅力的な馬です。netkeibaでは1番人気に支持されていましたが、当日の京成杯でも高い人気に支持されそうで今からその走りに注目しています。

2歳牡馬戦線は低調なイメージがあるため、そろそろ主役級の馬が登場してもらわないと寂しいクラシックになってしまいそう。その点から人気を集める可能性は十分だと思います。初戦となった新馬戦では楽勝したように相当な素質を秘めていそうでディープインパクト産駒以外からの大物登場となるのでしょうか。昨年のクラシックはディープインパクトの優等生がクラシックを占拠して楽しめたのですが、もっと違う戦いを見たいのも事実。これから大物スクリーンヒーロー産駒とかあらわれると面白くなってくるのですが。やっぱり競馬はサラブレッドたちのドラマを見て楽しむのがいい!そのためにPOGから好きな馬を選んで応援すると競馬やってて良かったなあとしみじみ思うのです。馬券を当てることだけが競馬じゃない!競馬予想だけでない楽しみ方を味わってこそ真の競馬ファンではないでしょうか。

京成杯2017予想は芝2000mの経験馬が多いことから波乱は起きないのではないかと見ています。あまり奇をてらうよりも新たなヒーロー出現に一票を投じて楽しみたいと思います。もう馬券がはずれても楽しめればOK!クラシックを味わいつくしてトコトン楽しみたいと思います。

ところで先週のkeibasite.com公開予想を見ましたか?フェアリーSで2万馬券が的中したんですよ。しかも、たったの2点で。僕も直前にみて買ってみたらスゴイ配当ですからねえ。しくったのは3連単を買ってなかったこと。あ~悔しいなあ。もうちょっと頭が働いていたら3着総流しでもよかったのに~!まあでも自分の実力じゃ縁がなかったし、これを機に投資競馬を意識したいと思いました。

アメリカジョッキークラブカップ2017予想

競馬予想
01 /09 2017
keibatop.jpg

アメリカジョッキークラブカップ2017予想について言及したい。AJCCともいわれる重賞レースで中山競馬場の芝2200mで行われる別定のG2レース。例年微妙なメンバーになりやすくG1レースにつながることは少ない。このアメリカジョッキークラブカップ限定で走る馬を見つける方が効率はいいはずだ。

芝2200はペース外回りコースということでゆるみやすいペースから加速していくようなレースになるため追い込みが決まることは少ない。中山競馬場はトリッキーと競馬関係者に言われるほど適性が問われるところで実績に注目したい。過去データをあさると1倍台の単勝オッズをつけた1番人気が堅調な成績を収めている。人気が集中しているような人気馬には逆らないほうがよさそうだ。どこの枠順が有利か調べてみたところ3枠が有利というデータを抽出することができた。3枠赤帽子の馬は無条件で馬券に入れてしまうというのも手だろう。この寒い時期は仕上がりがネックになるだけにしっかりと調教師コメントと追いきりの動きを確認したほうがいい。

前走G1レースからの参戦馬が非常に優秀な成績を収めている。3着までの馬券圏内率は4割を超えており前走G1レースからの参戦馬をアメリカジョッキークラブカップ2017予想では重視していく方が馬券的中につながりやすい。とはいえ2015年のゴールドシップのような例もあるため過信しすぎるのは禁物だ。3連単にはくわえておくべきだが、マルチ買いで狙うのがベターだろう。サンデーサイレンス系が好走の中心をしめるがロベルト系が一発穴をあけることも少なくないので注意が必ようだ。

好走馬は関東馬が多いものの、わざわざ遠征してくる関西馬は勝負してくるケースが多いことを覚えておきたい。トリッキーな中山競馬場は関東騎手が有利なことから関西馬に関東騎手という組み合わせの馬券を重視してみるのも一興だろう。こうした馬券テクニックをもとにAJCC2017予想にはげんでいこう。

フェアリーSは1万馬券を2点で的中!とは言ってもkeibasite.comの公開予想に乗っただけなんだけどw9年プラスの実力を証明している競馬予想サイトで唯一の投資競馬を楽しめるということで自分なりに工夫して馬券を買ってます。単純に流してれば3連単20万馬券を獲れただけに自分の競馬予想と楽しんでみるのもよさそう!

続きを読む

絶影

●競馬歴
17年
●好きな馬
エアグルーヴ、ジャングルポケット
●一口馬主歴
4年で引退(4頭出資3勝)
●馬券スタイル
本命でコツコツ、穴で一気にプラスを確定させる